相模原工場・施設紹介

八王子工場のご紹介

2021年に竣工した八王子工場は、アスカテクノスが拠点としている工場です。総敷地面積1,402坪(約4,600㎡)の敷地内で、オートマチックトランスミッション(AT)のカスタマイズやオーバーホールなどを行っています。また、京王高尾線「狭間駅」から徒歩約5分の好立地で、工場正面にはショッピングセンターがあるなど恵まれた環境となります。

八王子工場

設備紹介

入庫したAT・パーツは工場内でシステムにより厳格に管理をされています。クレーンを用いた作業場で各トラック・バスメーカー様向けにカスタマイズを行い、国内で数台しかないAT用テストスタンド等を用いて検査行った後に、各御取引様に出荷をされます。
イラスト内の各設備エリアをクリックしてご覧ください。

相模原工場
屋内入出庫場 ホイストクレーン AT保管庫 ドライアイスブラスター テストスタンド 部品洗浄機

屋内入出庫場
雨天時による出荷の品質確保のためトラックを屋内に入れて入出荷します。

ホイストクレーン
お客様の要求に最大限対応すべくホイストクレーンを7基設置し、Max1,400台/月産が可能な体制を整えています。

AT保管庫
ご要望される短納期に対しても迅速に対応できるよう、Max1,800台を保管できる収容能力を備えています。

ドライアイスブラスター
長年使用されたATの外観検査を行うために、ドライアイスを用いたブラスター作業を行い、泥汚れを落します。

テストスタンド
全てのアリソン製品の出荷確認テストを行える、アリソントランスミッション専用のテストスタンドを2台導入しています。

部品洗浄機
AT内のパーツの状態を確認するために大型の部品洗浄機を用いて、パーツ洗浄を行います。

屋内入出庫場

屋内入出庫場

雨天時による出荷の品質確保のためトラックを屋内に入れて入出荷します。

ホイストクレーン

ホイストクレーン

お客様の要求に最大限対応すべくホイストクレーンを7基設置し、Max1,400台/月産が可能な体制を整えています。

AT保管庫

AT保管庫

ご要望される短納期に対しても迅速に対応できるよう、Max1,800台を保管できる収容能力を備えています。

ドライアイスブラスター

ドライアイスブラスター

長年使用されたATの外観検査を行うために、ドライアイスを用いたブラスター作業を行い、泥汚れを落します。

テストスタンド

テストスタンド

全てのアリソン製品の出荷確認テストを行える、アリソントランスミッション専用のテストスタンドを2台導入しています。

部品洗浄機

部品洗浄機

AT内のパーツの状態を確認するために大型の部品洗浄機を用いて、パーツ洗浄を行います。

工場基本情報

工場名飛鳥車両特装グループ 八王子工場
資格ISO9001:2015規格
所在地東京都八王子市椚田町1217番地
TEL042-673-4674(代表電話)
土地面積工場:3,228.95㎡
宅地面積:4,635.76㎡
主要設備
  • ホイストクレーン1t:2基、980㎏:5基、490㎏:1基、250㎏:1基
  • トランスミッション テストスタンド機:2基
  • ドライアイスブラスト装置:1基
  • 部品洗浄機:1基
地図

八王子工場完成までの過程

詳細ページはこちら (アスカテクノスの設備・工場ページにリンクします)
2021年3月の工事着工から2021年11月の工場完成までの過程を画像付きでご紹介しています。


TOPに戻る